肩こりについて

ご予約はこちら

肩こり

肩こりについて

肩こりで困った時このようなことをしていませんでしたか?

✅とりあえず近くのマッサージ店に行ってグイグイ揉んでもらう

✅家にあるマッサージ機で紛らしている

✅とりあえずテレビで見たストレッチを試してみている

✅家族にお願いして揉んだり、叩いたりしてもらっている

✅エステなどで首回りをゴリゴリほぐしてもらう

✅整形外科でもらったシップを貼ったり、薬で紛らしている

✅整形外科で電気をかけたり牽引してもらっている


肩こりは肩を力一杯マッサージしたり、叩いたりしただけでは根本的な改善にはなりません。

 

実際に硬くなった肩こりを力一杯マッサージしても、その場は楽になった感じがしても翌日には元に戻ってしまったり、ひどい場合は元に戻るどころかさらに肩がガチガチに硬くなってしまったなんてことを経験したことはありませんか?

 

これは肩こりの根本的な原因をアプローチせずに、今ある症状だけにアプローチしただけなのでこれでは根本的な改善には至りません。

 

肩こりの原因は肩以外の胸の筋肉であったり、手首・足首であったり、腰・骨盤であったりする場合があります。ですから胸の筋肉や、手首・足首、腰・骨盤などを調整しないで肩こりのあるところだけ何とかしても根本から改善したとは言えません。

 

『肩こりの根本的な改善を目指していきたい』とお考えの方は、これからもう少し詳しく肩こりについて解説していきますので是非参考にしてみてください。

 


肩こりの原因とは?

①長時間の悪い姿勢

②目の疲れ

③運動不足

④ストレス

⑤冷え

⑥睡眠不足

上記の様に肩こりの原因は色々ありますが、その8割が長時間の悪い姿勢によるものです。

悪い姿勢とは具体的にどの様なものなのかご説明いたしますと、猫背や長時間パソコンやスマホを操作してる時の姿勢などです。

猫背

長時間パソコン

長時間のスマホ


これらの姿勢はすべて頭部が肩口より前に突き出た形になっています。頭部はとても重くておよそ6kgあると言われています。つまりボーリングの球くらいの重さがあるのです。

 

下図ように頭部が15度前に傾くだけで2倍の12㎏、30度で3倍の18㎏、45度で22㎏、60度では約5倍の27㎏もの重さを首の後ろの筋肉や肩、背中の筋肉がずっと収縮してキープしなくてはいけません。

 

この状態が長く続くと、筋肉の繊維の中を通っている血管や神経を圧迫するため、筋肉が回復できず硬くなってしまいます。それがいわゆる肩こりです。

 

肩こりが慢性化すると骨にも負担が掛かって、ストレートネックになったり、頚椎ヘルニアや頚部脊柱管狭窄症にもなるので注意が必要です。

 


肩こりから生じる辛い症状

肩こりをその場しのぎで根本から治さず、そのままにしておくと下記のような様々な症状が現れてきます。

✅やる気がしない、鬱っぽい

✅上を向いたり振り向くのがつらい

✅頭痛が常にある

✅四十肩、五十肩

✅手や足のしびれ

✅不眠症

✅朝起きた時から疲れてる

✅食べた後、胃が重い

✅下痢や便秘を繰り返す

✅腰痛

肩こりの初期は肩や首の筋肉の問題ですが、肩こりが慢性化してくると首の骨の変形により、手がしびれることがあります。

 

肩こりがあるとイライラしてきたり、寝付きが悪くなったり、食欲がなくなったり、体がダルくてやる気が起きないといった症状が出てくることがあります。

 

これは肩こりが原因で自律神経にまで影響を及ぼしているからです。

 

自律神経が乱れるとリラックスしているつもりでも力が抜けなかったり、疲れているのに中々寝付けなかったり、途中で何回も目が覚めたり、沢山寝たのに朝から疲れているなどの症状が出てきます。

 

さらに、頻繁に胃が痛くなったり、食後に胸焼けしたり、下痢や便秘を繰り返すなど胃腸の調子も悪くなり本当にどうしようもなくなります。

 

そうなると最終的にはうつ病など精神状態も悪くなります。たかが肩こりと思って放っておかないように気をつけましょう。

肩こりのカギを握るのは肩甲骨

肩こりが酷くなると入浴や肩を揉みほぐしてもらうなどする方が多いかと思います。

 

これらは確かに血行が良くなるためには有効ですが、いずれも根本的な改善にはつながりません。

 

特に揉みほぐしは表面だけで深いところの筋肉までほぐすことは難しく、強く揉みすぎると筋肉が傷ついてしまいます。

 

余計にこりを強くしてしまう場合があるため、注意が必要です。

 

また、首のこりが酷く感じると首を回す方も多いですが、首こりや肩こりに関係する筋肉は一部しか動かず、大きな改善は期待できません。

 

実は、肩こりの原因となる筋肉のほとんどは肩甲骨につながって存在しています。

 

肩甲骨にはこのように多くの筋肉がつながっています。

その中でも特に、肩甲骨を支える役割をする『僧帽筋』肩甲骨を上に引き挙げる役割をする『肩甲挙筋』と、肩甲骨を内側に引き寄せる『菱形筋』が、肩こりに大きく関係しています。

 

肩甲挙筋と菱形筋は僧帽筋の深部にあるため、簡単には揉みほぐすことができません。

 

強く揉みほぐそうとすると僧帽筋を痛めてしまい、余計にこりを強くしてしまいます。

 

ですから肩甲骨を動かすストレッチや当院が行う肩甲骨はがしによってこれらの筋肉をほぐし、肩甲骨の動きを良くすることが、肩こり解消につながります。


本来、肩甲骨は背中側の肋骨の上にあり、固定されておらず、島のように浮いた構造をしていて、肋骨の上をすべるように動くようにできています。

 

しかし、デスクワークや猫背姿勢を長時間続けていると肩甲骨が外側にズレたまま歪んだ状態で固定されてしまうため肩甲骨周辺の筋肉の血行が悪くなりこりが生まれます。

本来なら肩甲骨と肋骨の間にすんなり手が入るのですが、ガチガチにこり固まった肩甲骨は肋骨にピッタリとくっ付いた形になるため、なかなか手が入りません。

 

この状態では肩甲骨周りの筋肉は血行不良でさらにこり固まっていくという悪循環に陥ります。

肩甲骨の動きチェック

簡単な肩甲骨の動きのチェック方法

①壁に背中を付けて立ち、壁から腕が離れないように肘を曲げずに腕をまっすぐ伸ばして手のひらを下に向けたまま肩と水平の位置まで腕を上げてきます。

②そのまま壁伝いに痛みがなく、無理なく上げられるところまで腕を上げて行き止まったところで角度をチェックします。

この角度が肩甲骨の状態を表しています。

 

0〜45度➡︎ガチガチです。

肩甲骨周りの筋肉がこり固まって肩甲骨の動きがかなり悪い状態です。

 

45〜60度➡︎やや硬いです。

肩甲骨周りの筋肉が少し硬くなっていて、肩甲骨の動きもやや硬い状態です。

 

60〜90度➡︎問題ありせん。

肩甲骨がスムーズに動いている状態です。

 

人間の体の仕組み上、肩と水平の位置までは肩の関節だけの動きで腕を上げられますが、それより上にあげるのは肩甲骨がスムーズに動かないと難しいです。

 

簡単ですので、是非ご自分の肩甲骨の動きをチェックしてみてください。

当院で出来ること

①問診や検査をじっくり行い、肩こりの原因を見つけます

②肩こりの原因となっている筋肉を緩めます

③オリジナルの筋膜リリースで肩甲骨をはがし、肩甲骨のズレと骨盤を矯正して巻き肩や猫背を改善し、良い姿勢が保てるように体のバランスを整えます

④肩こりに効果的な運動やストレッチ、食生活や生活習慣の指導を行います

当院では硬くなった筋肉をただほぐすのではなく、オリジナルの筋膜リリースで肩甲骨をはがすようにしていき、肩甲骨のズレと骨盤の歪みを同時に矯正して、肩甲骨と骨盤を正しい位置に戻します。



そうすることによって硬くなっていた肩甲骨の動きが良くなり、自然に良い姿勢を取れるようになります。すると首や肩の筋肉は引っ張られないので自然と柔らかくなります。



さらに、歪みが整うことにより本来持っていた自然治癒力も高まり、根本から健康へと導くことができます。



また、治療効果が長持ちするように普段気を付けていただきたい姿勢の指導や、やっていただきたいストレッチ、体操などに関してもアドバイスいたします。



どこに行っても改善されなっかった肩こりを当院で良くして行きましょう!


ご予約に関して

ご予約はネット予約LINEお電話で承っております。

 

ネット予約をご希望のお客様

①ホームページ上の  ご予約はこちら  ボタンをクリックしてください。

②エキテンの予約ページが出ますので、先ずはメニューの選択を行なってください。

ご希望日を選択してください。

④ご希望時間を選択していただき、【次へ】ボタンをクリックしてください。

⑤簡単な必須項目を5項目入力して、【内容を確認する】ボタンをクリックしてください。

⑥内容を確認して規約をお読みになり、宜しければ、【規約に同意して予約する】ボタンをクリックしてください。

⑦この時点ではまだ仮予約になります。ご入力いただいたメールアドレスにメールが届きますので、認証用URLをクリックしていただくとご予約が確定となります。

 

LINEで予約をご希望のお客様

先ずは下記のボタンをクリックして友だち追加を行ってください。

LINEのメッセージには下記の内容を入力して送信いただき、こちらからの返信をお待ちください。

①お名前

②ご希望日時(ご希望順に2〜3個ご入力ください)

例:8月10日 16:00

         8月21日 10:00

  8月18日 19:00

③ご希望のメニュー(整体・鍼施術・美顔鍼)

④症状(簡単で結構です)

⑤初回の方は「初めて」と入力してください。

 

お電話での予約をご希望のお客様

当院『はい、たいむ整体院です。』と出ますので、

お客様『ホームページを見て予約したいのですが…』とおっしゃってください。

お電話の中で下記のことをお伺いしますのでお知らせください。

①お名前

②ご希望の日時(2〜3個ご用意ください)

③ご希望のメニュー(整体・鍼施術・美顔鍼)

④お電話番号

⑤症状(簡単で結構です)

 

ご予約の際のお願い

当院は院長一人で施術、運営を行なっております。

施術中は施術に集中しているため、お電話いただいても出ることができません。

お電話が繋がらない際は、申し訳ありませんが再度時間をずらしてお掛け直しいただけたら幸いです。

また、ご予約に関してはお電話よりも24時間いつでも簡単にご予約が可能なネット予約やLINEでのご予約が便利ですので、是非そちらをご利用ください。

また只今予約がいっぱいになってきておりますので、翌日以降でご指定いただければ、予約が取りやすくなっております。ご了承ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。