長野市たいむ整体院が考える病気にならない生き方(2)

ご予約はこちら

ブログ

長野市たいむ整体院が考える病気にならない生き方(2)

2020/07/30

病気にならない生き方(2)

前回に引き続き今回も病気にならない生き方についてお話していきます。
ぜひ参考にして楽しい毎日を送っていってください。

 

今回のテーマは『食事』です。

 

人は生きていくために食べ物から栄養を摂らなければならなりません。しかし、適切な物を適切な量摂らなければ逆に体に負担が掛かります。

テレビを見れば美味しい食べ物に関する番組が毎日の様に放送されています。

 

飲食は欲望の一つなので、欲望のおもむくままに飲食を続けることは胃腸に良くなく、度を過ぎれば命にも関わることになります。

ですから正しい食生活を続けて健康な毎日が送れるように食生活を見直してみましょう!

 

最近多くみられるのが炭水化物(に含まれる糖質)を過剰に摂り続けて体を悪くしている人です。

今の世の中には炭水化物を多く含む物が溢れています。

 

先ほどお話したテレビでも糖質を多く含んだ美味しそうな食べ物(スイーツやパン、ラーメンなど)が紹介されています。

これらを摂りすぎると脂肪が溜まります。

 

炭水化物に含まれる糖質を摂取すると、糖は脳や筋肉、肝臓に運ばれます。そして脳や筋肉に運ばれた糖はエネルギーになります。ただし、過剰に摂取してしまうとエネルギーが余り、それは脂肪へと変換されてしまいます。

 

さらに、糖質を過剰に摂取すると、脳へのエネルギーも過剰になるため、考えてばかりいてなかなか行動に移せないなど、日常の行動にも悪影響を及ぼすこともあります。

ですので、なるべく日々の食事から炭水化物(糖質)を極力食べないように意識してみましょう!

 

炭水化物は主にご飯、パン、麺、イモ類などに含まれています。

こららは依存性があるため、なかなか控えることができません。

やめるのは至難の技です。

 

しかし、個人差はありますが3日〜1週間程度で依存性が抜けてきますので頑張ってみましょう!

ただし、完全に抜くと筋肉も落ちてきますので量を減らしたり、タンパク質を多めに摂るなどして下さいね。

 

脂肪が減りキレイな体になって、バリバリ動ける素敵な人になりましょう!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。